FXプライム byGMO

FXプライム byGMOのスプレッドはいくら?広がらないの?

今回は私が愛用しているFXプライム byGMOのスプレッドについて書いていきます。

スプレッドというのはbitとaskの差です。

どの証券会社でも下のように1つの通貨ペアに対して2つの価格が表示されます。

買う時はbit、売るときはask。

つまり買って即座に売ったとしても少しはマイナスになってしまうというわけです。

なのでスプレッドはなるべく狭いほうがいいと言われるんです。

 

FXプライム byGMOのスプレッドはいくら?

ではFXプライムbyGMOのスプレッドについてみてみましょう。

 

日本人がよく取引する「ドル円」は0.3銭【1shot 50万ドル以下の場合】となっています。

 

FXプライム byGMOのスプレッドは何がいいの?

多くの場合、基本的なスプレッド表示があっても、急激な値動きなどがあればすぐにスプレッドは拡大します。

このとき、0.3銭だったスプレッドが30銭とかに開く場合もあります。

100倍ですよ!100倍!

 

一方的な相場の変動の場合は、そういうこともしかたがないです。

相手があってはじめて成り立つのが取引ですからね。

 

でも、トレードする人にとってはなるべく「ここ!」ってポイントでスプレッドが狭いほうがいいわけで。

 

例えば、窓埋めの時なんかはいい例です。

「おっ、窓開いてるな。トレードしてみようかな」という時にスプレッドを見てみると、いつものスプレッドはなんなんだろう。ということはよくあります(笑)

 

FXプライム byGMOはスプレッドが開きそうなときは事前に教えてくれることがほとんどですし、約定率100%と言っているだけあって、安心して取引できるのがメリットですね。

手法や、その時の各証券会社のスプレッド比較についてはこちらに書いていますので参考にしてみて下さい。

窓埋め手法を使う時に最適なスプレッドの狭いFX会社とは今回は、月曜の朝に使える窓埋め手法をするときに最適なFX会社について紹介します。 窓埋め手法って何?という方はこちらの記事を参考に...

FXプライムのスプレッドは広がらない?

広がらないかどうかといえば、市場の状況によっては広がりますよ。

ただ、広がりにくいということは言えますし、そうなりそうな時に事前に教えてくれることがほとんどです。

 

FXプライム byGMOはスリッページもない!?

スリッページというのは注文を出した価格とはズレて約定することです。

いろんな証券会社を使いましたが、これは本当によくありますよ~。

 

たとえば105.50円で成行注文を出したら、105.57円とかで約定していたり。

つまりここで0.7銭すでに損をしているわけです。

 

スリッページがいつもこんな感じで起こるなら、意味ないじゃん!

となるわけです。

 

ところがFXプライム byGMOはスリッページがほぼほぼ起こらない。

これは本当に助かります。

 

2017年7月株式会社矢野経済研究所調べで、他社と比較した結果が出ていました。

※公式サイトより

 

こういうことがあるので、スプレッドがせまければなんでもいいや、ということはないし、約定率やスリッページも合わせて見てみる必要があるというわけです。

 

まとめ

FXプライム byGMOのスプレッドは0.6銭と一見せまいというわけではないが、いざという時に広がることがほぼないことと、約定率の高さとスリッページの起こりにくさは評価に値します。

なぜ私がFXプライムbyGMOを愛用しているかが伝わりましたかね…

参考になれば幸いです^^

 

【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

現在無料で入手していただけますので、明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

トレードマニュアルの詳細はこちら