検証と訓練

12/12週エントリーポイント例

こんにちは。

今回は12/12週のスイングエントリーポイントを紹介します。

勝ちへのルート>>

youtubeライブでエントリーや見立て解説も行っています。
お時間ありましたらご参加下さい。
■なぜか上手いこといってしまうライブ■
11/1(火)21時~視聴はこちら
11/16(水)16:30~視聴はこちら
11/22(火)21:30~視聴はこちら
12/6(火)16:30~視聴はこちら

AUDUSDのロングエントリー

まずこの週で抑えておきたいのは指標。重要指標がズラっと並んでいます。

12/13 (米) 11月 消費者物価指数(CPI)

12/14 (米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表

12/15 (英) イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

CPIや政策金利発表はかなり動く可能性があるので注意しておきたいところです。

こういう週はトレードしないとか、してもロットを落とすなどしてもよいです。

環境としては日足が高値切り上げ安値切り上げで上昇トレンドであることを確認。

調整波が出てくるのを待って、そこからの切り返しを狙っていました。

すると1時間足や30分足で下落の調整トレンドが確認でき、そこを上抜けるのを待つことに。

執行足の30分足で下落トレンドのトレンドラインを上抜けて、再度戻ってきた場面でロングエントリー。この場面は1時間足の三尊ネックライン(抵抗)での反発にもなりうるというのも根拠に加わっています。

三尊ネックラインを一度下抜けたものの、少し前の逆三尊のネックランで支えられ上昇していますね。(支えられたところは下ヒゲも出てます)

利確損切り位置は水色ラインのところで、直近高値付近と、直近安値下です。

そのあとCPIで一気に上に動き利確になりました。もっと上に伸びましたがこれは結果論。

毎週出しているこのパターンは毎回同じなんですけど、毎週のように現れます。

今自分の型がないという方は、この基本パターンから狙ってみて下さいね。

【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

現在無料で入手していただけますので、明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

マニュアルの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA