OANDA

OANDAの板情報(オープンオーダー)を無料で手に入れる方法はある!?

今回はOANDAのオープンオーダーインジケーターを無料で手に入れる方法はあるのか?というお話です。

いきなり結論ですが、普通にないです(笑)

リスクを冒せばないことはないかもしれませんが、よく考えてみると大したことない手数料で手に入れることができるんです。

オープンオーダーとは

オープンオーダーはMT4上で注文状況がわかるインジケーターです。

どの価格帯に注文が入っているかがMT4上で視覚的にわかるので、

  • 自分の引く水平線はここで合ってるのかな?
  • どこで反発しやすいのかな?
  • 抜けると大きく動きそうなポイントはどこかな?

などが気になる方には役立つと思います。

OANDAのオープンオーダーインジケーター無料なのは

危険を冒せばと書いたのは、怪しいシグナルツールや自動売買などとセットで売るような人がいるからです。

インジケーター自体は無料かもしれませんが、効果のまずないであろうシグナルツールなどに無駄なお金を払うのであれば本当にムダ(笑)

しかも配ってはいけないものを配っているわけなので、もしかすると買ったほうも何か罪を問われる可能性もありますし・・・

しかも、このインジケーターはOANDAのリアル口座でないと動きませんので!(爆)

 

OANDAのオープンオーダーインジケーターはほぼ無料!?

オープンオーダーのインジケーターをOANDAの公式から正式にゲットする方法ですが、

OANDAの本番口座に20万円以上の入金をして、10万通貨以上の取引をした人が申請をするともらうことができます。

インジケーター自体は無料なので、要は取引できて20万円以上入れておくということです。

これがどれほどのハードルなの?ということです。

私の場合はこつこつ1万通貨とかで取引せずに(1万通貨で10回でもよいのですが)、1度の取引で10万通貨単位の取引を行いゲットしました。

10万通貨で買ってすぐに売った場合の手数料(スプレッド)ですが、ドル円の場合は0.3銭です。

110.260で買って、110.257で即売ると-300円です。

たった300円くらいで手に入るなら安いと思いませんか?

 

インジケーターって売っているもの見るとだいたいどんなものでも数千円くらいはしますからね。

 

別に1万通貨とか1000通貨とかでコツコツやってもいいんですけど、オープンオーダーって数百円くらい手数料払ってもいいくらいの便利なものだと思うんです。

 

OANDAのオープンオーダーインジケーター入手の注意

基本的には上で書いたようにゲットする方法で問題ないでしょう。

多少値動きしても1000円以下でしょうから。

よりリスクを抑えたい場合の注意点としては、値動きがあまりないときに行うというくらいでしょうか。

334ee

このチャートはドル円の1分足で、左のほうの値動きのないところはローソク足の大きさが0.5pipsくらいしかありません。そういう動きのない時に取引したほうがよりリスクは少ないですね。

 

OANDAのオープンオーダーインジケーター申請

無事に取引を終えたらインジケーターをちょうだいと申請します。

いつインジケーターがもらえるかということですが、毎週日曜に申請の集計しているようです。

なので私の場合も月曜の夜にインジのダウンロード先メールがきました。

こんな感じ↓

ww33

 

 

ちなみにこのインジケーターですが、仮にどこかの誰かからゲットできたとしてもOANDAの本番口座のMT4でなければ動きません。デモ口座でもダメです。

なのでどちらにしてもリアル口座を開設しておく必要はあります。

OANDAってオープンオーダーは確かに魅力の1つではありますけど、それ以外にも約定力だったり取り扱う通貨ペアの多さだったりメリットは多いです。

気になるというかたは一度使ってみてもいいかもしれません。

 

口座開設はこちらからできます↓
OANDA Japan MT4

FX・バイナリーで安定して勝つために

FXやバイナリーで安定して大きな結果を出し続けるのは簡単ではなく、その道のりはかなり遠く、険しいものです。

普通に取引していると勝ったり負けたりがあるので、全く勝てないとは思わないですよね?

でもご自身が確信を持って毎月何百万と稼いでいる姿が想像できますか?そうなると「想像できない」方がほとんどなはずです。

一時的になんとなく勝った勝ちと、根拠と自信を持って得た勝ちは全く違います。

そうなるためには「自分のオリジナルの方法を持つこと」「そのオリジナル手法を淡々と使えること」が必要になります。

649CLUB(ロジック倶楽部)はその険しい道を最短で進んでいくための山岳ガイドのようなものです。険しい山にガイドは必要だし、ないと無謀ですよね?

649CLUBの詳細はこちら

少しでも生活をよくしたいとか、自由に好きなことを楽しみたいという人は、今日から少しづつでも行動していきましょう。