FXプライム byGMO

FXプライム byGMOのレバレッジはいくら?設定するときの考え方とは

今回はFXプライム byGMOのレバレッジと、設定する時の考え方について書いていきますね。

 

FXプライム byGMOのレバレッジはいくら?

まずレバレッジですが、最大25倍となっています。

これは国内のFX会社はどこも共通です。

 

なーんだ、25倍かぁ。

もっと高いところがいいなぁ。

という初心者の方がいたら、それは危険な考え方です。

 

もともと国内でも100倍のレバレッジなどもありましたが、破産者が続出したために25倍を上限にすることになったからです。

 

レバレッジってどうやって設定するの?

レバレッジに関して、25倍と決めたらずっと勝手に25倍で取引すると勘違いする人もいるかもしれません。

 

レバレッジというのは基本的にそのように考えるのではなく、口座に入れている資金に対してどのくらいのポジションを持ったかによって「あとから決定される」ものです。

 

計算式でいうと、

(レート×通貨数)÷口座資金

になります。

 

ドル円を110円で10000通貨買うとしましょう。

この時口座に30万円あった場合は、

(110×10000)÷300000=3.66倍

となります。

 

なので、通貨ごとにレバレッジを決めるとか、口座ごとにレバレッジを決めるという考えではないと認識して下さい。

 

簡単にいえば、口座資金で買えるだけ買っていくとレバレッジは勝手に上がり、余裕をもって買うとレバレッジは下がるということですね。

 

FXプライム byGMOの必要証拠金からレバレッジを考える

FXプライム byGMOの必要証拠金一覧を見てみるとこのようになっています。

aaw22

 

必要証拠金というのは1万通貨の取引をするために最低必要な金額です。

これはレバレッジ25倍で取引するための金額だと考えて下さい。

 

これは日によって変わります。

レバレッジは先ほどの計算式

レバレッジ=(レート×通貨数)÷口座資金

で計算されますので、レートが変われば自ずと「口座資金」の部分が変わるということです。

(この場合の口座資金は必要証拠金ということですね)

 

なので、上の表の通りで行くと、

42717円を口座に入れてドル円を1万通貨買うと、その時点でのレバレッジは25倍となります。

レバレッジを5倍にしたいと思えば、資金を5倍入れて下さい。

42717×5=213585円

 

実際はそんなにきっちり計算して入金することもないでしょうし、レートによってレバレッジは変わりますから、ざっくりと計算するくらいでいいでしょう。

 

レバレッジ設定の簡単な考え方

基本的には次の手順で考えます。

①どのくらいのレバレッジで取引したいか

②自分の口座にいくら入れておけるか

③逆算してどのくらいポジションを持てるか

 

①まずは、どのくらいのレバレッジで取引したいかをまずは自分で考えておくといいでしょう。

これは取引スタイルによって全く変わりますが、私は3~5倍くらいをおすすめしたいですね。

10倍以上にする場合は、損切りを浅くできる場合におすすめします。

 

②次にどのくらい口座に資金を入れておけるか。

これは余剰資金で行って下さいね。

銀行預金をすべて口座に入れるなんてことはしないように・・・

 

③次に逆算してポジションを計算します。

仮に口座に100万円、レバレッジは5倍がいいとしましょう。

 

きっちり計算したい場合は先ほどの計算式に当てはめて下さい。

5倍=(レート×通貨数)÷100万円

となります。

ドル円106.04がレートだと47000通貨取引するとレバレッジ5倍ですね。

 

毎回計算するのが面倒な人なんかは、1万通貨の取引するときには必要証拠金の5倍入れておこうなどと考えておけば簡単です。

ポンド円なら必要証拠金が58000円くらいなので、30万円口座にあれば1万通貨買おうかなとざっくり計算する感じですね。

 

買える状態だから買うというのでは、レバレッジ25倍に近い状態でいつも取引することになりますので気を付けて下さいね。

 

 

【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

現在無料で入手していただけますので、明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

トレードマニュアルの詳細はこちら