バイナリー

ハイローオーストラリアの取引時間と勝ちやすい時間帯とは

今回はハイローオーストラリア取引時間取引の種類の時間も)と、勝ちやすい時間帯について見ていきます。

ハイローオーストラリアの取引時間(営業時間)は?

取引できる時間については公式サイトにこのように出ています。

rr5444

 

過去には日本の平日でも取引できないということがあったようです。

この時はオーストラリアの休日だったようです。

オーストラリアの休日に必ず休む(取引できない)ということではないですが、過去にもそういうことはありましたので、もし日本の平日に取引できないことがあれば、オーストラリアの休日を確認してみるといいでしょう。

2018年のオーストラリアの国民の休日

1月1日(月)元旦
1月26日(金)オーストラリア・デー
3月30日(金)グッド・フライデー
3月31日(土)イースター・サタデー
4月2日(月)イースター・マンデー
4月25日(水)アンザック・デー
6月11日(月)クイーンズ・バースデー
12月25日(火)クリスマス
12月26日(水)ボクシング・デー

※西オーストラリアとクィーンズランド州はクイーンズ・バースデーの日にちが違います。

取引方法ごとの時間

ハイローオーストラリアの取引ごとの時間ですが、次のようになっています。

取引できる通貨ペアや取引できる回数はかなり多いですね。

HighLow/HighLowスプレッド↓

ww32 ee444

Turbo/Turboスプレッド↓

eee333

ハイローオーストラリアの勝ちやすい取引時間帯とは

バイナリーに限らず、FXでも同様に勝ちやすい時間帯というのがあります。

結論から言うと、

19:00~翌1:00くらい

です。

なぜ勝ちやすいのか?ということですが、理由は「値動きが出やすいから」となります。

 

バイナリーにしてもFXにしても、今の値段と将来の値段に差があるから利益が出せるものです。

つまり、差がでないような動きしかしないところで勝ちようがないわけです。

勝ちやすい時間帯が生まれる理由

ではなぜ19:00~翌1:00が勝ちやすいのか?

それは世界の市場が開いている時間と関係しています。

各市場が活発なのはおおむね以下のようになっています。

東京市場09:00~18:00
ニューヨーク市場23:00~08:00(夏、22:00~07:00)
ロンドン市場18:00~03:00(夏、17:00~02:00)

 

ニューヨークとロンドン市場というのは動くお金が莫大であり、この2つが開いている時間は為替取引も活発になります。

なので、日本時間でいう夜の時間はトレードするのに向いているというわけです。

またこの時間帯にはヨーロッパやアメリカで多くの経済指標が発表されますので、これもまた為替を動かす材料になります。

バイナリーをするのであればなるべく値動きがあるときに取引したほうがよいので、この時間帯にチェックしてみることをおすすめします。

ブログランキングに参加しています。 私は画像の女の子のようにかわいくはないのですが、しょうがないなぁポチってあげるよという方や、役に立ったなぁと思った方はモチベーションアップになりますので応援クリックよろしくお願いします。 ↓↓↓ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

トレードマニュアルの詳細はこちら