よくある疑問

窓埋め手法を使う時に最適なスプレッドの狭いFX会社とは

今回は、月曜の朝に使える窓埋め手法をするときに最適なFX会社について紹介します。

窓埋め手法って何?という方はこちらの記事を参考にしてみて下さい↓

FXで月曜の朝に使える窓埋め手法。その方法と勝率とは今回は月曜の朝に使えるFXの「窓埋め手法」について解説します。 ここを狙うだけでもかなり勝率は高くなるので参考にしていただけたらと...

窓埋め手法を行う時に重要なスプレッドの狭いFX会社はどこなのか?について見ていきましょう。

 

窓埋め手法に使えるスプレッドの狭いFX会社とは

それでは実際に2018.2.19月曜の朝7時に確認したスプレッドを紹介します。

  • 楽天FX 4.7pips
  • GMOクリック 2.4pips
  • ヒロセ通商 8.6pips
  • DMMFX 2.4pips
  • FXプライム byGMO 0.6pips

となりました。

私は20社ほどのFX会社の口座を持っていますので、比較してみましたが、5つ取り上げるとこんな感じになりました。

毎回このようになるとは限りませんが、DMMFXとFXプライム byGMOさんは比較的狭いことが多い傾向にあります。←私がメインで使っている理由の1つがこれです。

 

スプレッドは窓埋めには大事

どのFX会社も業界最小スプレッド0.3銭などとなっていますが、大事なのは使いたいときに最適なスプレッドになっているかです。

たとえばFXプライム byGMOなどはドル円スプレッドが通常0.3銭【1shot 50万ドル以下の場合】で他の倍もある!と言われることもあるのですが、上のような状態をみれば私がメインで使う理由がわかってもらえると思います。

また、約定率とスリッページも大事です。

ここで売り、ここで買いと注文を入れたときに注文が入らないということがけっこうあります。

注文が成立することを「約定」というのですが、約定したと思ったら狙った価格とずれていたということもよくあります。

このずれる現象をスリッページというのですが、普通に0.5pipsくらいずれることもありますので、そもそも0.3銭って何なの?みたいなこともあります(笑)

窓埋め手法をする方は参考にしていただき、少しでも利益をだしていただけたらと思います。

口座開設はこちらからどうぞ↓

FXプライムbyGMO

DMM.com証券
【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

現在無料で入手していただけますので、明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

トレードマニュアルの詳細はこちら