初級編

FXの鉄板チャートパターンって?種類や手法とは

今回はFXチャートパターンについて紹介します。

チャートパターンを知ることはトレードする上でとても大事なので頭に叩き込む必要があると私は思っています。

覚えておくと役に立つのは間違いないので、ぜひ覚えてご自身のチャートで確認していただけたらと思います。

FXのチャートパターンというのは転換点

まず知る必要があるのは、チャートパターンというのは転換点によく現れる形だという認識です。

いいですか?転換点です。

転換点ということは、それまでに一定方向の流れ、つまりトレンドがあるということです。

多くの方が勘違いをするのですが、チャートパターンというのはチャートの形だけの話ではありません。

それまでの流れがあるということが必要なんです。

だから転換点です!としつこく言っているわけです。

 

転換点には2種類ある

転換点には2つの種類があります。

1つはトレンドが継続するパターン。

もう1つはトレンドが転換するパターン。

それぞれに出やすい形というのがあります。

また複数が組み合わさって出ることもあります。

それでは具体的にチャートパターンを見ていきましょう。

 

トレンドが継続するFXのチャートパターン

それではまずトレンド継続系のチャートパターンから見ていきましょう。

FXチャートパターン①ウェッジ

ウェッジというのは値幅が徐々に小さくなってブレイクしていく形状のことです。

基本的にトレンド方向とは逆向きに2本のトレンドラインが収束していくパターンです。

 

FXチャートパターン②ペナント

ペナントとこの後紹介するフラッグの基本としては直前に急騰や急落などそれなりに大きい値動きが必要です。

その急激な値動きのチャートが旗竿に見えることからペナントやフラッグと呼ばれるんです。

ペナントとフラッグは急激な値動きの中の休憩ポイントと言えます。

この2つは継続のチャートパターンとして信頼性は高いです。

 

FXチャートパターン③フラッグ

フラッグはトレンド継続パターンの中では最も信頼性が高いチャートパターンです。

トレンド方向とは反対方向に少し動いてから再上昇するパターンが多いですが、これがヨコヨコのレンジになる場合は信頼性はさらに高いです。

 

 

継続パターンのエントリータイミング

エントリータイミングとしては上に引けるトレンドラインを抜けたところでエントリーするか、抜けた後に一度戻って反発した所(レジサポ転換)した所(赤丸)を狙います。

 

これらの継続パターンの中でもトレンド転換する場合(上昇から下降に転じる場合など)というのもありますが、このパターンを使って転換を狙うということは上級者向けなので避けたほうがよいです。

基本的にはトレンドは継続する、その時を狙うということで考えておいて下さい。

それまでが上昇トレンドであれば、上方向へのエントリーのみ狙うということです。

 

トレンドが転換するFXのチャートパターン

次にトレンドが転換するときのパターンを紹介します。

 

FXチャートパターン④ダブルトップ

ダブルトップは天井圏で出現するチャートパターンです。

逆に底値圏で出現する場合にはダブルボトムと言います。

緑色で引いたラインを「ネックライン」といいます。

ここを抜いて足が確定した時点で完成されるチャートパターンです。

エントリータイミングは抜いたことが確定してからか、抜いた後に一度戻ってきて反発したタイミングになります(赤丸)。

 

FXチャートパターン⑤ヘッドアンドショルダー(三尊)

三尊は天井圏で出現する信頼性の高いチャートパターンになります。

また底値圏で出現する場合は逆三尊(ヘッドアンドショルダーボトム)と言います。

緑色がネックラインで、ネックラインを抜いて足が確定したら完成です。

オレンジ色の線は左右の山の頂点ですが、三尊の場合は右側の山が低いほうがよいです(高値更新期待が薄くなるため)。

逆に逆三尊の場合は右側の谷が左側の谷よりも高い位置にいたほうが期待値はより上がります。

エントリータイミングは赤丸の所で、これまで説明してきた各パターンと基本的に変わりません。

 

FXのチャートパターンがわからない場合

チャートパターンというのは出来上がるとわかりやすいのですが、形成されている最中というのはわかりにくかったりします。

特に初心者の型で覚えたてという場合は特にそうなりやすいです。

ですが、チャートパターンが見えないとか、これは三尊かな?とか迷った場合はスルーするようにして下さい(ノーエントリー)

わからない場所であえてエントリーする必要はないですし、チャンスは今後も来ますので。

 

まとめ

今回紹介した5つのチャートパターンはチャートを見る上で知っておくべき基本パターンです。

注目してチャートを見るようにするといたるところで出現していることがわかるはずです。

あとは、チャートパターンをもとにどのようなシナリオを考えていくのかということになりますね。

どういう動きを予想して、どこでエントリーしてどこでイグジットするのか?そのあたりをいくつか想定しながらチャートを見ることができるようになると落ち着いてトレードすることができ、慌てなくなります^^

ちなみに私が基本のエントリーとしている「王道エントリー」のパターンでも複数のチャートパターンが重なることはあります。

緑のラインでレジサポ転換するというだけでなく、緑のラインを大きな流れで抜いて(旗竿)その後フラッグを作りながら押し目を形成し、緑ラインに近づいたところでダブルボトムを形成するようなパターンもあります。

多くの根拠があるほうが信頼性(期待値)が上がるのでより強気にエントリーしやすくなります。

気にしながらチャートを見てみると面白いですよ~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA