バイナリー

2018ハイローオーストラリア日本撤退の噂!?真相を調査

ハイローオーストラリアが日本撤退!?という噂があるようです。

結論から言えば、現状では撤退はありません

このことについて真相を調査してみました。

バイナリーオプション手法公開|専業へのきっかけとなったピンバー手法とはこんにちはraiです。 今回はバイナリーオプションの手法公開の準備が整ったのでご紹介します。 今回の説明は文章だけでは伝わり...

なぜハイローオーストラリア撤退のうわさが?

なぜこのような噂がでているのかというと、海外バイナリーオプション業者の多くが営業を終了しているというのも影響していたようです。

豪大手ブローカーPepperstone社の撤退が原因?

2014年にハイローオーストラリアが撤退するのではないか?という噂の原因の1つとして、オーストラリアのFXブローカーの大手であるPepperstone社が日本撤退となったことがあります。

フォレックスマグネイトには次のような記事がありました。

本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。

以下は通知メールの抜粋:

日本在住のお客様へ重要なお知らせ

ここ数ケ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と蜜接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規定について話し合いを進めてまいりました。

現在、Pepperstoneでは、日本の第一種金融商品取引業者としての許認可を取得していないため、同許認可を取得するまでの間、日本在住のお客様へサービス提供を行うことが適切ではないとの決定に至りました。
上記決定を受け、本日2014年10月2日(木)以降、日本在住のお客様からの新規口座開設をお受けすることが出来なくなりました。また、既存のお客様に関しましては、2014年12月31日(水)までお取引を続けて頂くことは可能ですが、12月31日の全ポジション決済・口座閉鎖に向けて保有ポジションの管理を行って頂きますようお願い致します。なお、こちらの決定は、日本在住のお客様のみ対象となります。参照:フォレックスマグネイト

 

同じようにオーストラリアの金融当局の監督下であるハイローオーストラリアも同じように撤退するのでは?との憶測があったようです。

2018年に日本撤退という話もあるようですが…

ハイローオーストラリアが2018年にも日本撤退があるのでは?というネットのうわさもあるようです。

これについて、ハイローオーストラリアに問い合わせてみました。

その回答は、

「弊社において現状ではご指摘のような決定はございません。それ故、弊社のサービスは特に問題なくご利用いただくことができます。

なんらかの機関から新たな規制が施工され、サービスの継続が困難になった場合には、速やかにお客様に通知させていただきます。」

とのことです。

今の所、撤退という話にはなっていません。

参考になれば幸いです^^

FX・バイナリーで安定して勝つために

FXやバイナリーで安定して大きな結果を出し続けるのは簡単ではなく、その道のりはかなり遠く、険しいものです。

普通に取引していると勝ったり負けたりがあるので、全く勝てないとは思わないですよね?

でもご自身が確信を持って毎月何百万と稼いでいる姿が想像できますか?そうなると「想像できない」方がほとんどなはずです。

一時的になんとなく勝った勝ちと、根拠と自信を持って得た勝ちは全く違います。

そうなるためには「自分のオリジナルの方法を持つこと」「そのオリジナル手法を淡々と使えること」が必要になります。

649CLUB(ロジック倶楽部)はその険しい道を最短で進んでいくための山岳ガイドのようなものです。険しい山にガイドは必要だし、ないと無謀ですよね?

649CLUBの詳細はこちら

少しでも生活をよくしたいとか、自由に好きなことを楽しみたいという人は、今日から少しづつでも行動していきましょう。