バイナリー

バイナリーが危険(儲からない人)の7つの特徴とは

今回はバイナリーをすると危険な人(やると負ける人)の特徴について紹介したいと思います。

バイナリーオプションって基本的には今の価格よりも上がるか下がるかって当てるだけです。

でも、チャートで分析したりして誰でも同じ場所で、同じようにエントリーできるかというとそうではないんです。

 

バイナリーが危険な人の特徴①気が短い

気が短い人、すぐにカッとなる人はバイナリーオプションには向きません。

バイナリーってボタンをワンクリックすれば売買できてしまいます。

なので初めの取引で負けたときに「くそー」となってすぐに次の取引を「ポチっ」としてしまうわけです。

さらにそこでも負けると「なにぃぃぃぃ!!!」となってまたポチるわけです(笑)

 

バイナリーが危険な人の特徴②負けず嫌い

負けず嫌いな人は勝つまでやろうとします。

根拠があって繰り返すのはいいのですが、根拠なく繰り返すのであればいずれ破産します。

負けず嫌いをどこで発揮するのかが重要なんです。

 

バイナリーが危険な人の特徴③面倒くさがり

面倒なことが嫌いな人はバイナリーに限らず投資全般に向きません。

バイナリーオプションで安定的に勝とうと思ったら面倒な検証などをする必要がありますし、自分の取引を振り返ることも大事です。

こういうことを面倒だと感じる人は危険です。

 

バイナリーが危険な人の特徴④鵜呑みにする

鵜呑みにするというのは素直とは違います。

自分にとって都合のいい所だけを素直に聞く人のことです。

  • 誰でも簡単
  • シグナル通りにエントリーするだけ
  • 誰がやっても勝率80%

みたいなものをすぐに信じるタイプの人です。

何度か痛い目を見てはじめてこういうものに飛びつかなくなるとは思いますが・・・

 

バイナリーが危険な人の特徴⑤言われたことをしない

鵜呑みにしないにも通じるのですが、素直に全部やらない人です。

都合よく解釈して、適当にはしょるような人です。

正しいやり方は1~10まで順番にこなすことだと聞いていても、適当にすっ飛ばして先を急ごうとします。

そのような癖がある人がバイナリーをするのは危険です。

 

バイナリーが危険な人の特徴⑥目標がない

バイナリーオプションをする目的、具体的に稼ぎたい金額、かなえたいことなどが全くない人です。

こういう人でも絶対に稼げないということはありませんが、多くの場合は稼げるようになるまでにとても時間がかかります。

これはバイナリーに限らないかもしれませんが、明確な目標があるような方は圧倒的に稼げるようになりやすいです。

 

バイナリーが危険な人の特徴⑦資金に余裕がある

下手に資金に余裕があったり、安定収入がある人の中には「別に負けてもいいや」という気で(勝とうという意思が薄い人)がいます。

このような人はギャンブル的に捉えていることが多く、バイナリーをするのは危険です。

もちろん投資は余裕資金でするものなのでなくなっても困らない状態でするのが普通なのですが、あまりにも勝とうとする意識が低いのは危ないです。

 

まとめ

今回はバイナリーをするのに危険な人の特徴を紹介しました。

これらの特徴に当てはまったらダメなのか?というとそれは違います。

大事なのはそれを自分でわかっていて対処できるかどうかです。

自分でカッとなりやすいとわかっていれば、連続エントリーは何があってもしないと決めてそれを実行できればいいわけです。

大切な資金を使うわけですから慎重に行いたいですね^^

FX・バイナリーで安定して勝つために

FXやバイナリーで安定して大きな結果を出し続けるのは簡単ではなく、その道のりはかなり遠く、険しいものです。

普通に取引していると勝ったり負けたりがあるので、全く勝てないとは思わないですよね?

でもご自身が確信を持って毎月何百万と稼いでいる姿が想像できますか?そうなると「想像できない」方がほとんどなはずです。

一時的になんとなく勝った勝ちと、根拠と自信を持って得た勝ちは全く違います。

そうなるためには「自分のオリジナルの方法を持つこと」「そのオリジナル手法を淡々と使えること」が必要になります。

649CLUB(ロジック倶楽部)はその険しい道を最短で進んでいくための山岳ガイドのようなものです。険しい山にガイドは必要だし、ないと無謀ですよね?

649CLUBの詳細はこちら

少しでも生活をよくしたいとか、自由に好きなことを楽しみたいという人は、今日から少しづつでも行動していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA