MT4

【必須】通貨ペアと時間足を大きく表示するMT4インジケーター「Symbol-D」

今回は通貨ペアと時間足を大きく表示するMT4インジケーターの紹介です。

rai
rai
お目目が弱くなってきた自分には必須なので作りました。使ってみたい方は記事下からダウンロードできます。

インジケーターの名前はSymbol-D(シンボルD)と付けました。

シンボル(ここでは通貨ペア)をdisplay(表示)するという意味です。

通貨ペアと時間足を大きく表示するMT4インジケーターとは

こんな感じでチャートの右上に大きく「通貨ペアと時間足」を表示するインジケーターです。

文字はもっと大きくしたり、表示位置を変えたり、色を変えたりもできます。

こんな感じ↓

なぜ大きく表示するインジケーターが必要になったか

1番大きいのは4Kモニターを多用するようになったことです。

4Kモニターだとチャート上のローソク足の本数はたくさん表示できるのでGOODなんですが、ほとんどの文字は小さくなります。

お目目も弱くなってきたのでモニター上の小さい文字はとても見にくいんですよ…

左上の通貨ペアの表示も小さくて見にくいし、スクショしてトレード記録を残しても、その部分が小さいのがあとで見返しにくく非効率になります。

パット見てこのチャートがどの通貨ペアでどの時間足なのかがわかるのは必要かなと思い作成することにしました。

通貨ペアと時間足を大きく表示するインジケーターのダウンロード

ダウンロードはこちらからできます。

インジケーターの入れ方

  1. MT4を立ち上げる
  2. 「ファイル」という所をクリック
  3. 「データフォルダを開く」に進む
  4. 「MQL4」フォルダを開く
  5. 「Indicators」のフォルダにSymbol-D.ex4を入れて一旦フォルダもMT4も閉じます
  6. 再度MT4を立ち上げる
  7. ナビゲーターにあるSymbol-Dをチャート上にドラッグ&ドロップ

 

インジケーターの入れ方は以下の記事も参考にして見て下さい。

MT4インジケーターが追加できない?反映されない?入れ方解説MT4のインジケーターが追加できない、反映されないという場合には何か手順が間違っているかもしれません。 今回は正しい手順について解...

 

MT4インジケーター「Symbol-D」のパラメーター設定

パラメーター設定は説明不要なほどシンプルです。

  1. 色の変更
  2. 文字の大きさ
  3. 文字の位置(右上、右下、左上、左下)
  4. 文字の高さ調整
  5. 文字の横位置調整

高さ調整と横位置調整で表示位置の微調整を行うことができます。

また文字部分をダブルクリックして以下のような表示にして、

直接マウスでドラッグして位置を変更することもできます。もう1度ダブルクリックして決定します。

私は自分のモニターの位置に合わせた数値設定をして、それを定型チャートとして保存しています。

定型チャート保存の仕方:チャート上で右クリック⇒定型チャート⇒定型として保存

rai
rai
使ってみたい方はお試し下さい。

少しでもお役に立ちましたら幸いです。

【無料】FXトレードマニュアルの公開

皆さんは、「確かにこのやり方ならいけそう!」という手法がありますか?

それがわからない、見当たらないから困っているという方は多いと思います。

そして、世の中には有料無料含めて多くの手法がありますが、何が自分に合うのかは「実際に試してみないとわからない」ということもあるかもしれません。

このマニュアルは相場を見るためのコンパスのようなものだと考えています。

現在無料で入手していただけますので、明確な根拠とその組み合わせというものにご興味がある方は、一度手に取ってみていただけたらと思います。

トレードマニュアルの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA